エアコンによる体の冷えが抜け毛の原因になる!?

エアコン

さてさて、6月に入って徐々に夏が近づいてきましたね。あと1ヶ月もすれば夏本番です!

抜け毛や薄毛に悩む僕らが、夏に注意することの一つに「エアコンの設定」があります。

猛暑が続けば、エアコンなしではいられないものですよね。ましてや熱帯夜が続けば、寝ている間もエアコンをつけっぱなしにすることもあるでしょう。

さてこのエアコンの温度設定。暑いからといってガンガンに冷やすのは髪にとってNG行為なので注意しましょう。

エアコンから出てくる風は自然の風とは違い、髪や肌、体の水分を奪い、体全体を乾燥体質に変えていきます。もちろん髪の毛を支える頭皮も乾燥してしまいます。頭皮や髪の毛から水分が減り乾燥してまうと、フケや炎症の原因になり、そのままほっておくとより深刻な状態になります。事実、抜け毛が多い人、薄毛の人の頭皮は冷えていることが多いのです。

また、エアコンによる冷えにより体全体の血行が悪くなり、髪の毛の成長に必要な栄養素が毛母細胞に行き届かなくなってしまいます。

その結果、ハリやコシの低下した髪が育ち、切れ毛や抜け毛などの原因になります。




とにかく、夏だからといって、エアコンの温度を必要以上に下げて、つけっぱなしにすると、体にも髪にとっても良くありませんので注意してくださいね。

できれば26度~28度くらいの設定で風も弱めに設定しておくことをおすすめします。




また、外出先などで、エアコンの設定が低すぎて寒く感じた場合は、エアコンの温度を下げてもらう、風向きを変えてもらう、風量を落とすなど、頼んでみてください。

とにかく夏に体を冷やす行為はNG行為ということを覚えておいて下さいね。

このページの先頭へ