ザガーロがついにヘアメディカルで採用開始!

今年の6月についに発売となった、AGAの新薬「ザガーロ」。
薄毛、抜け毛、AGAに関心のある方なら、もう知ってますよね?

⇒ヘアメディカルで早速ザガーロをAGA検査の対象に!
⇒AGAの新薬「ザガーロ」 は、ハゲの救世主となるか?
⇒AGA治療の未来は明るい?

ザガーロの発売にともなって、ヘアメディカルグループ(メンズヘルスクリニック東京、AACクリニック名古屋、脇坂クリニック大阪、城西クリニック福岡)すべてのクリニックで、ザガーロの取り扱いが開始しました。さすが、業界をリードしているクリニックだけに早いですね!

発毛治療のヘアメディカル

もともとヘアメディカルグループの最大の売りは、患者一人一人にあったより効果的な治療法を提供していくことです。今回のザガーロの導入により、さらに様々なパターンのAGA治療ができるようになったというわけです。

具体的には、ヘアメディカルグループの場合はAGAリスク遺伝子検査をすることで、従来のプロペシア(フィナステリド)とザガーロ(デュタステリド)のどちらの治療薬が患者に合うか、どちらが効果が出やすいかが事前にわかるようになっています。

このAGAリスク遺伝子検査は、聖マリアンナ医科大学で行われます。

このAGAリスク遺伝子検査は19,000円(税別)がかかりますが、これはぜひやっておきたいですよね。だってより自分に合った効果的な治療法、治療薬がわかるのですから。ちなみに検査結果が出るまでに約1ヶ月かかるとのことです。

検査方法はというと、AGAの原因と言われている酵素「5αリダクターゼ」のI型とII型のどちらの発現強度があるかを調べるのです。

I型が強ければ新薬のザガーロ、II型が強い場合はザガーロもしくはプロペシアのどちらかを選ぶことでより効果的なAGA治療ができるのです。

前頭部のM字部分の左右からそれぞれ3本ずつ、頭頂部から5本の髪の毛を抜いて調べます。抜毛はヘアメディカルで行うので自分で抜いて持ってくる必要はありません。

今回のザガーロの導入で、さらにAGA治療が前進したことは間違いないですね。

気になる方は、お近くのヘアメディカルで無料相談をされてみてくださいね。

⇒AGAヘアメディカルの詳細はこちら

このページの先頭へ