良い抜け毛と悪い抜け毛の違いとは?

正常な男子の1日の抜け毛の本数は、だいたい50本から100本程度です。この程度の抜け毛なら異常でもなんでもないので心配は無用です。

朝起きた時の枕の上の髪の毛、シャンプーした後の排水口にたまった髪の毛、その他もろもろ足して100本以内なら問題ありませんよ。

ところが、抜け毛には正常な抜け毛とそうでない異常な抜け毛が混在しています。

ですから、抜け毛の本数よりも、抜けた毛そのものをチェックしてみることが大切なのです。


良い抜け毛というのは、抜け毛の先の部分、つまり毛根部分がふっくらとして丸みを帯びているもの(マッチ棒のような形です)。これはいたって正常な抜け毛です。

悪い抜け毛というのは、細くて毛そのものにハリがなく、うねっているような髪の毛です。また成長前の短いうちに抜けてしまった髪の毛も要注意が必要です。

ヘアサイクル

悪い抜け毛が多い場合は、ヘアサイクルが乱れている証拠です。

ヘアサイクルが乱れていると、本来は成長期にあるはずの毛が、すぐに退行期や休止期に移ってしまい、脱毛に至ります。

その他、毛根部分に皮脂の塊がついていたりする場合も異常脱毛と思って下さい。


そして、異常な抜け毛の場合は、たとえ抜け毛の本数が少なくても安心してはいけません。

すぐに生活習慣や食生活を見なおしてみましょう。

それでも異常脱毛が収まらない場合は、専門の病院に診察に行きましょう。


最後にもう一つ。

抜け毛をチェックするときは、シャンプー後の排水口にたまった抜け毛ではなく、クシや手で髪をとかした時に取れる髪の毛をチェックしてくださいね。シャンプーの時の抜け毛は、どの部分の抜け毛かどうかがわかりづらいですので。

このページの先頭へ