17型コラーゲン不足が薄毛の原因と解明!?

先日、ネットニュースを見ていたら、こんな記事を発見しました。

毛を作るのに必要な毛包幹細胞(もうほうかんさいぼう)を保護するたんぱく質「17型コラーゲン」が加齢に伴って減少、毛包幹細胞が毛穴の奥から皮膚の表面へと移動して、フケとして落ちてしまう


これは、東京医科歯科大学の西村栄美教授らのチームが発表したものですが、これはまた一大発見ですね。

研究発表

人間の髪の毛は毛髪サイクルによって、3~6年くらいの周期で毛が生え、成長し、そして抜けていき、また新しい髪の毛が同じ毛穴から生えて成長していくということを繰り返していきます。

新たな髪の毛が毛穴から生えてくるときには、毛穴には毛包幹細胞というものがあり、髪の毛の元ととなる細胞の生産に使われるのですが、マウスによる実験によると、加齢にともなって、この毛包幹細胞の再生精度が徐々に落ち、徐々に頭皮の表皮に移動して、最終的にはフケやアカとなって落ちてしまうということがわかったのだそうだ。

そして、毛包幹細胞がなくなると、毛は細くなり、毛穴自体も最後にはなくなってしまうらしい。

ん~腑に落ちますね。
加齢による薄毛のヒミツがようやくわかったような気がしました。

さらにここで重要なのが、働きが悪くなった毛包幹細胞では、17型コラーゲンという物質を分解する物質が分泌されていたとのことです。この17型コラーゲンが分解されたために、毛包幹細胞の働きが悪くなったと研究チームは発表したんです。

マウスによる更なる実験では、

17型コラーゲンが失われないように遺伝子操作したマウスでは、通常のマウスに比べて毛穴の数が多かった


とのこと。

研究チームによると、17型コラーゲンの分解を抑える物質をみつけることができれば、抜け毛や薄毛治療に役立てると考え、今後、その物質を探して、10年以内の実用化を目指すとのことだ。

なるほど!

17型コラーゲンの分解を抑える物質が見つかれば、これは期待大ですね。

このページの先頭へ