そもそもAGAとはどんな症状なの?

薄毛を気にするビジネスマン
AGAという言葉は今やテレビCMなどメディアで紹介されて、ここ数年でかなり市民権を得てきました。少なくとも、現在、抜け毛や薄毛に悩んでいる方はAGAがどんな症状なのかはご存知でしょう。


AGAとはAndrogenetic Alopeciaの頭文字を取った言葉で、日本語では男性型脱毛症を意味します。
一般的には、成人男性の前頭部や頭頂部の毛が、ある一定のパターンで薄くなるのが特徴です。

そしてAGAにかかる割合は日本人男性の約30%くらい、つまり3人に1人がかかる症状です。


AGAのメカニズム

AGAを引き起こす原因は男性ホルモンにあります。代表的な男性ホルモンのテストステロンが血中に流れ、細胞内に取り込まれると、5αリダクターゼという酵素により、DHT(ジヒドロテストステロン)に変わります。


このDHTが毛根の受容体(レセプター)と結合すると、TGF-βと呼ばれる脱毛因子を生み出します。このTGF-βが脱毛を促すため、毛髪サイクルのうち成長期が短くなり、休止期に入ってしまい、脱毛を繰り返して薄毛が進行するのですね。


また、5αリダクターゼにはタイプIとⅡタイプの2種類があり、タイプⅡは成人男性の前頭部や頭頂部に存在します。ちなみに、女性にも薄毛で悩んでいる方がいますが、女性の場合、前頭部や後頭部がハゲるのではなく、全体的に薄くなる傾向があることから、女性の前頭部や後頭部にはタイプⅡがないと考えられています。


また、男性の髭にも5αリダクターゼⅡが存在するものの脱毛しないわけは、髭の毛乳頭細胞の場合、男性ホルモンが増えてくると、IGF-1という成長因子が産生されるからです。頭はハゲてても、髭が濃い男性が存在するには、こういった理由があったのですね。

髪のヘアサイクルの乱れ

AGAは進行性の脱毛症です。人間の髪の毛にはヘアサイクルがあり、大きく分けて成長期、後退期、休止期の3つがありますが、AGAになるとヘアサイクルが乱れてきます。


通常2~6年続く成長期にある髪の毛包が細くなり、軟毛化してきます。そうすると、成長期にある髪が少なくなり、退行期、休止期に移行します。退行期、休止期の髪の毛は脱毛をし、薄毛が進行していきます。


AGAは加齢とともに、かなりのスピードで進行するため、この状態を何もせずにほっておくと、ヘアサイクル自体は元に戻ることはありません。

これがAGAは早期治療が大切だといわれる所以です。

このページの先頭へ