はたしてAGAは遺伝するのか?

AGA(男性型脱毛症)の原因については、様々な説があります。

「薄毛の原因はシャンプーのしすぎ」、「頭皮の皮脂の分泌が原因」、「ストレスや悪い生活習慣でハゲる」などなど、これらの文句は育毛剤や育毛シャンプーのキャッチコピーによく出てきますね。

皆さんも一度くらいは目にしたことがあると思います。


ではシャンプーや、頭皮の皮脂やストレスや生活習慣や食生活で薄毛やハゲになるというのは本当なのでしょうか?

AGAの原因


AGAの原因については、こちらの記事で説明している通り、男性ホルモンの内分泌系の異常によって起きます。脱毛を促すホルモン、DHT(ジヒドロテストステロン)が、毛根の受容体と結合すると、毛髪のサイクルに異常が起き、成長するはずの髪の毛が休止期に入り、抜けていくことで薄毛になってしまいます。


そして、男性ホルモンの異常による原因に加えて、遺伝も関係してきます。父親もしくは母親のどちらか、もしくは両方から受け継いだ遺伝子が原因で薄毛が進行することがわかっています。

ですから、ご両親がハゲ、薄毛、もしくは祖父母がハゲ、薄毛の場合で、AGAが進行した場合は、薄毛の遺伝を受け継いでいると考えていいでしょう。


AGAクリニックでは、血液検査に加えて、遺伝子検査も行うことができますが、このことからもAGAの原因が遺伝に深く関わっていると考えられているのです。具体的には、DHT(ジヒドロテストステロン)が生成される原因である酵素、5αリダクターゼの量が多いか少ないかは、遺伝によって決まると言われています。


例えば、ヘアメディカルグループでは、初診での問診票に、家系図を記入する欄があります。特に男性型脱毛症の場合は、母方の親の遺伝子が深く関わっているとされています。


冒頭で紹介した、シャンプーや頭皮の皮脂の異常分泌、ストレスや生活習慣は、直接的にAGAの原因にはなりえません。

もちろん、薄毛はAGAだけでなく、様々な種類がありますので、直接的な原因になることはないとしても、シャンプーの方法や生活習慣、食生活を改めることはとても大切です。ストレスによる血行不良、タバコの吸い過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、睡眠不足などは髪の毛の成長にはよくありませんからね。

そして、これらを改めることで、AGAの治療効果も高くなりますので今すぐに改めましょう。

「AGAかな?」と思ったら、自分ひとりで悩んでいないで、まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

このページの先頭へ