呼吸の仕方が悪いと抜け毛が増えるって本当?

呼吸

最近、あまり良く眠れない、夜中に何度も起きてしまう、寝ても寝ても体がだるい、こんな症状が続いてます。困ったものです。単純に仕事が忙しいせいかなと思ってましたが、実はそうでもないようです。

実はこういった症状には、呼吸法に問題があるみたいなんです。その名も「浅呼吸」というものです。そしてこの浅呼吸が抜け毛、薄毛の原因にもなるというから驚きです。

私の薄毛の原因もこの「浅呼吸」が関係しているのかもしれません。

浅呼吸はその名の通り、呼吸が浅いことにより、頭のてっぺんから足の先まで、呼吸が行き渡らないたまに、血液の循環や、神経の働きが悪くなるのです。

特に、緊張状態が続くと、人間は息を吸ってばかりいます。確かに緊張している時って落ち着いてない証拠ですね。交感神経が優位になっていることもあり、この状態が続けば抜け毛の原因になるというのも納得がいきます。

かといって、「絶対緊張しちゃだめ!」というのもムリな話しです。ですので、まずはポイントだけ押さえておきましょう。

ポイントは腹式呼吸を心がけることです。

口を閉じ、鼻から大きく息を吸って、お腹を膨らまします。

口からゆっくりと息を吐き出していきます。、お腹を上にあげるようなイメージで吐いていきます。

仕事中の休憩時間やお風呂から出た後、寝る前など、ちょっとした時間を使って、腹式呼吸を取り入れてみましょう。

このページの先頭へ