メタボと薄毛には因果関係があるっていうのはホント?

メタボの人

中年になると、メタボリックシンドロームに悩む人が増えていますよね。かくいう私もその一人です。皆さんのまわりにも、たくさんいませんか?

会社の健康診断で引っかかったことも何回もあります。その時もはっきりと言われましたよ。「◯◯さん、メタボ予備軍ですよ。」と。

メタボことメタボリックシンドロームの基準をまとめてみましょう。
厚生労働省のHPに書いてありました。

■内蔵脂肪

腹囲:男性85cm以上 / 女性90cm以上

■脂質異常

中性脂肪:150mg/dl 以上

HDL コレステロール:40mg/dl 未満

■高血圧

最高(収縮期)血圧:130mmhg 以上

最高(拡張期)血圧:85mmhg 以上

■高血糖

空腹時血糖値:110mg/dl 以上



あらら、予備軍どことか、ずっぽしメタボじゃん!(涙)

で、ここからが本題ですが、そんなメタボ中年をよく見てみると、頭が薄かったりしませんか?僕もそうですし、周りのメタボ中年、道ですれ違う、メタボっぽい人も、よくみると薄毛の人が多いような気がします。


実は、メタボと薄毛って因果関係があるようです。

まず、内臓脂肪が増えると、男性ホルモンのバランスが崩れることがあり、男性ホルモンが過剰に分泌されると、ご存知のAGAの原因になります。男性ホルモンが増えると皮脂腺が刺激されて、頭皮にも皮脂が増えるので頭皮環境も崩れるってわけです。

そして、中性脂肪の値が高いので、血管が硬くなってしまい動脈硬化が進み、血の流れが悪くなるんですね。当然、毛根に栄養が行き届かなくなるので、結果的に抜け毛につながるということ。高血圧も同様に、血行が悪くなりますしね。


とにかく、メタボって体にとっても髪の毛にとってもいいことないですね。

ということで、メタボの人、メタボ予備軍と言われているそこの君、そして私も。薄毛が気になるなら、今日からダイエットしましょうね。

このページの先頭へ