寝る前のNG行為が、あなたの抜け毛を促進させるかも・・・

睡眠

抜け毛や薄毛にならないようにしたい、日々の生活習慣の中で、重要なのは食べ物、適度な運動などがあげられますが、その中でも重要なものに「睡眠」があります。

人間は1日の4分の1から3分の1程度を睡眠に当てています。私たちは一生のうち、かなりの年月を睡眠に充てています。その睡眠を充実させることが、薄毛や抜け毛を予防する一歩となります。


睡眠をバカにしてはいけません。

毎日の睡眠を充実させるために、質の良い睡眠を送るために以下のことを覚えておきましょう。

1.睡眠はなるべく午後10時~11時くらいが望ましい。

2.入浴は就寝の2~3時間前までにしておくこと。

3.寝る前の食事はNG。食事は寝る3時間前までには終わらせておきましょう。アルコール、カフェインを含む飲み物、タバコもNGです。

4.寝る前に軽い運動やストレッチをすると寝付きがよくなる。

5.寝室は暗くが基本。照明をつけっぱなしにすると睡眠が浅くなります。

6.寝る前のスマホ、パソコンはNGです。睡眠の1時間前には消しましょう。


髪を成長させるためには、「成長ホルモン」の分泌が欠かせません。成長ホルモンが最も多く分泌されるのが、夜の10時から午前2時くらいです。この時間に深い睡眠をとっていないと、成長ホルモンの分泌量が減ってしまうのです。

具体的には眠った直後90分間が、最も成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムです。ですから、10時までに床に入り、深い睡眠に入ることが大切なのです。


ですから、まずはこの6つのことを毎日続けてみてください。


成長ホルモンというのは、20歳くらいをピークに加齢とともに減少していきますので、25歳を過ぎた方は特に、深い睡眠、充実した睡眠をとることを意識してみましょう。

このページの先頭へ