AGA よくあるQ&A

教えて!AGA治療のホントのところ【AGA治療のよくあるQ&Aまとめ】

AGA治療

これから、はじめてAGAクリニックに行ってみようとお考えのあなたへ。はじめてのAGA治療は多かれ少なかれ、不安があるのではないでしょうか?そこで、このページでは、はじめてAGAクリニックで治療を受ける際の、よくある質問をQ&A形式にまとめてみました。もしかしたらあなたの疑問も解消されるかもしれませんよ。クリニックに無料カウンセリングの予約を入れる前に、Q&Aをひととおりチェックしておきましょう。

 

AGAは健康保険の対象になるの?

健康保険証

《結論》AGAクリニックで行う薄毛治療は健康保険の対象にはなりません。

 

現在のところ、AGA治療は健康保険の対象ではなく、全て自費診療となります。薄毛治療で保険診療が適用されるのは、フロジンという胃薬を頭皮に塗る療法くらいで、これ自体があまり効果が期待できない治療法です。当サイトでおすすめするAGAクリニックでは、プロペシア、ミノキシジルといった内服・外用薬を主とし、成長因子を直接頭皮に注入するメソセラピー療法、そしてAGAが進行しすぎてしまった方向けの自毛植毛などの治療が行われますが、いずれも治療実績、症例数も多く、高い発毛効果が期待できます。

 

一般的には、内服・外用薬では月々数千円から、針を使わない育毛メソセラピーでは1回につき2万円前後、最先端の自毛植毛コースでは、植毛する量にもよりますがが、50万円〜150万円ほどかかります。また、当サイトで紹介しているクリニックでは、キャンペーンやモニター制度を導入しているところも多く、治療費を軽減することも可能です。また、メディカルローンを用意しているクリニックもあります。

 

 

治療費については、無料カウンセリングで頭皮の状態、薄毛の症状を把握した上で、専門医や専門カウンセラーが、あなたにあったベストな治療法と料金を提示してくれますので、十分に納得された上で治療をスタートすることができます。

 

 

AGAクリニックと発毛、育毛サロン、皮膚科の発毛療法との違いを教えて?

AGA治療の違い

《結論》独自の育毛剤やマッサージなどの施術を行う発毛・育毛サロンは医学的根拠がなく発毛効果は期待できない。皮膚科の発毛療法は専門で行っていたいため、治療実績が少なく、薬を出しておしまいというところも多い。

 

現在、育毛剤や発毛剤が市販され売れに売れているのはご存知のところだと思いますが、発毛サロン、育毛サロン、増毛サロンと名をつけたサロンやエステもたくさんあります。育毛、発毛、増毛という言葉の定義があいまいですが、ここで行っているのは、オリジナルの育毛剤をつかったシャンプー、頭皮マッサージなど、どれも医学的根拠が全くない物です。

 

サロンで施術を行うのは、もちろん専門医ではなく、その会社でカウンセラーと名乗った素人がほとんどです。医学的根拠が定かではないのに「◯◯脱毛症」と診断したり、「必ず髪の毛が生える」などの宣伝文句で勧誘を行うサロンやエステもあり、費用が高額で途中解約ができないケースもあり、2007年度に国民生活センターに寄せられた”育毛・発毛・増毛サロン”への苦情は400件を超えています。

 

 

AGAは男性型脱毛症という病気の一種ですから、専門の医療機関において、専門医でないと治療はできません。
市販の育毛剤や発毛剤、ましてや育毛シャンプーでAGAが治ることもありません。

 

AGAクリニックでは毛髪治療の専門医として、カウンセリングや検査を通して、患者に合った適切な治療法を提供するため、結果が出やすいのです。

 

 

治療薬をの副作用はありますか?

副作用

《結論》軽微な副作用が出る可能性がありますが、副作用を起こさない程度の量を処方します。

 

AGAの治療薬で使用されるのは、内服薬のプロペシア(フィナステリド)、外用薬のミノキシジルです。どんな薬にも多かれ少なかれ副作用はつきものですので、これらの薬にも全く副作用の可能性がないとは言い切れません。

 

1年間の臨床治験では、プロペシアを内服することで、軽微な副作用が5.1%という結果になりました。内容は、性欲減退などの生殖機能に関するものが2.5%、胃部の不快感などが1.1%、臨床検査値以上0.7%、その他0.7%という結果がでています。いずれも自覚症状にとどまるもので、日常生活に支障をきたすレベルのものではありませんでした。もともとフィナステリドには、性欲に関与する男性ホルモンを減少させる作用はないため、理論上では男性機能に支障をきたす恐れはないと言えます。また、ミノキシジルの副作用としては動悸やむくみ、頭痛などがあります。

 

プロペシアもミノキシジルもホルモンに関わる薬のため、医師の処方がなければ購入できません。AGAクリニックでの治療においては20歳以上の方であれば、医師の処方があれば特別な検査をせずに購入できますが、カウンセリングや血液検査などにより患者に合った、安全な量を処方するので、ほとんど副作用を起こすことはありません。

 

他に気をつける点は、前立腺がんの腫瘍マーカー検査をした場合、値が半分程度になってしまうので、検査を受ける場合は予め医師に伝える必要があります。また献血する際にも注意が必要です。フィナステリドは妊娠中や妊娠の可能性がある女性にはタブーですので、フィナステリドを内服したら1ヶ月間あけてから献血をしてください。

 

また、HARG治療などで使われる薬などには、アレルギー起因物質は含まれておらず副作用もありません。

 

 

美容外科は女性の患者も多いので行きずらい?

プライバシー

《結論》AGAクリニックでは、患者のプライバシーを優先しており他の患者と合わずに治療が可能です。

 

当サイトで紹介しているAGAクリニックでは、完全予約制を取っており、中には個室の待合室を用意したりと、患者のプライバシーを最大限に優先しています。特に治療中も、女性や他の患者と顔を合わせることがないよう配慮されていますので安心して下さい。

 

また、AGAは男性型脱毛症ですので、AGA専門クリニックの場合は女性患者はほとんどいません。

 

 

通院はどれくらいの頻度、通院期間はどれくらい?

通院

《結論》治療方法にもよりますが、おおむね月1〜2回程度の通院、期間は半年〜1年程度です。

 

通常のAGA治療(内服・外用)では月に1、2度程度の通院で、期間は半年〜1年程度、育毛メソセラピーでは月1回程度、期間は6ヶ月程度。自毛植毛では、施術自体は1日で終了、その後3回の通院を経て、3ヶ月程度で産毛は生え始め、1年前後で生えそろいます。(個人差あり)

 

追伸
AGA治療は、何と言っても早期発見、早期治療がより発毛効果を上げるカギです。最近抜け毛が増えてきた、頭頂部や生え際が薄くなってきた、などの症状が現れたら、市販の育毛剤や育毛シャンプーに頼るのではなく、勇気を出して一刻も早く、AGA・薄毛治療の専門医がいるクリニックや治療院に相談をしてみましょう。

 

横浜のAGAクリニック

厳選AGAクリニック